疲労臭を消す方法は?お疲れ体臭は地味に臭い!

疲労臭の対策方法

加齢臭じゃない?疲れたたまると「酸っぱい臭い」がするなら疲労臭の可能性があります!

 

年齢と共に臭いが気になる「加齢臭」は多くの人が知っていますが、「疲労臭」というのがあるのも知っていましたか?

 

  • ・なんとなく酸っぱい感じの臭いがする
  • ・アンモニアのような臭いがかすかにする

 

もしこんな症状があるようなら、それは「疲労臭」かもしれません。

 

【疲労臭とは】

 

疲労臭とは書いて字の如く、疲れた時に肝機能が低下し、肝臓で分解されるべきアンモニアが分解されにくくなって、毛穴を通して汗とともに排出されて「臭い」となります。アンモニアが原因なので、酸っぱいような臭いがするのが特長です。

 

肝臓の機能の低下というと、男性のほうが多そうに思われるでしょう。しかし男性よりも臭いに敏感な女性のほうがこの酸っぱい現象に気づきやすく、また気にする事も多いようです。

 

肝機能の低下は何もアルコールだけが原因ではありません。外食続きやダイエットの影響、暴飲暴食なども原因になります。バランスの悪い食生活で睡眠もしっかり取れなかったりすると、疲労がどんどん蓄積されてしまいます。すると肝臓の機能も徐々に低下してきて、疲労臭になってしまうのです。そもそも、体というのは疲れがたまると体臭が強くなる傾向があります。そこに肝機能の低下によるアンモニア臭がプラスされると余計に臭いがきつくなります。

 

ワキガのように「明らかにその部位から独特の臭いがする」のではない場合、酸っぱいような臭いが出ている場合には疲労臭を疑ったほうがいいですね。

 

疲労臭の改善法は根本的に「疲れをためこまないこと」です。

 

日常生活を送っていれば誰でも「疲れ」は感じます。しかし、肝機能を低下させるほど、疲れを蓄積させなことが一番大切です。

 

酸っぱい臭いの「疲労臭」その3大原因と対策法

 

疲労臭の3大要因は「疲労とストレス」「寝不足」「暴飲暴食」です。

 

【1】疲れ・ストレス(働きすぎ、がんばり過ぎ)→肝機能の低下によるアンモニアの発生

 

疲れは要するにストレスにも繋がります。これは会社に限らず、家事をしている主婦でも育児中のお母さんにも、若い学生にも起こりうることです。特に昨今はストレスに弱いと言われ、ストレス発散がうまくいかない人も多いようです。疲れもストレスも避けては通れないものですが、これをためこまないことが大切です。今日の疲れは今日のうちに、ストレスを感じたら「小さいうちに」リラックスしたり好きな事をして解消するようにしましょう。

 

【2】寝不足→疲労の蓄積により内蔵の力が弱まり疲労臭が発生

 

寝不足は疲労回復を妨げる一番の原因です。もちろん多忙な人にとって、時には「徹夜をせざるを得ない」なんて事もあるでしょう。でも基本的には大人でも最低6時間、できれば7時間の睡眠を取りたいところです。ちなみに「寝だめ」はあまり意味がありません。なるべく平均してきちんと良質の睡眠をとりましょう。

 

深く眠れていないと朝起きても体がダルイ感じになります。そんな人は寝ている間も体が緊張しており、筋肉が緩んでおらず、そのため熟睡出来ていないケースがあります。

 

★参考になるサイト

 

寝た気がしない疲労感対策

 

http://朝がつらい.com/

 

 

【3】食べ過ぎ/飲み過ぎ

 

疲労臭は肝機能が低下することによって、アンモニアが分解されて尿から排出されなくなるのが原因です。これが汗にまじったりして外に出る時に酸っぱい臭いが発生します。暴飲暴食は胃腸を荒しますし、そこで消化時にアンモニアが発生します。飲み過ぎは肝臓に悪いことはよく知られている通りで、肝機能が低下しやすくなります。

 

逆に言えば、この3つについて特に注意をすることで、疲労臭は防げます。仕事や育児中の女性にとって「そんな事は言っても、赤ちゃんの授乳もあり睡眠はなかなかとれない」「仕事の接待でどうしても外食になりがち」という事はあるでしょう。
それでも気をつけることで、少しずつ改善していくことは可能です。

 

「酸っぱい臭い」疲労臭の予防と対処法

 

酸っぱい臭いがする「疲労臭」に有効なオルニチンとクエン酸を上手に取り入れ、正しい生活習慣で体内から健康になりましょう。

 

このごろ、なんとなく体から酸っぱいような臭いがする。そんな人は「疲労臭」が原因でしょう。過労ぎみで肝機能が低下すると、体内のアンモニアが解毒されて尿から排出することができず、汗などに混じって体内の外に出ます。その時にアンモニアが「酸っぱいような」臭いをするのです。

 

【疲労臭の予防法】

 

  • ・生活習慣を正しくする(睡眠時間や食生活に気を配る)
  • ・大量のアルコール摂取は控える
  • ・血行を促進する(血流を促す、お風呂に入るなど)
  • ・ストレスをなるべく発散する
  • ・疲れをためこまないように気をつける

 

【疲労臭に有効な成分で対処する】

 

・オルニチン

 

疲労のもととなるアンモニアを肝臓で解毒するのにオルニチンという成分が非常員有効です。アンモニアを尿素に分解し排出します。また疲労回復にも有効です。

 

食事で摂取するには、しじみやチーズなどに多く含まれています。

 

・クエン酸

 

「酸っぱいものを食べたくなる」のは疲れたときとよく言われますが、まさにクエン酸が酸っぱさのもと。つまり疲労回復に役立ちます。梅干しやレモンなどが代表的な食物です。

 

こうした必要かつ有効な成分を効率的に摂取するには、サプリメントなどを活用するのもよいでしょう。また酵素も積極的に摂取し、体の代謝をアップさせるのも良い方法です。

 

疲労臭は病気ではありませんが、疲労臭が出るほど肝機能が低下しているのは決して良い状態ではありません。
なるべく普段から、疲れをためこまず、ストレスを発散してリラックするする時間を作るようにしたいですね。

 

披露臭を改善する3つのアドバイス

 

酸っぱい臭いがする!―疲労臭を改善するための「睡眠・食生活・デトックス」3つのアドバイスを紹介します。

 

なんだか体内から酸っぱい臭いがする!――それはたぶん、疲労臭です。疲れから肝機能が低下し、分解されないアンモニアが汗などと一緒に皮膚(毛穴)から散じて臭いを発しているのです。

 

女性にとって臭いは大きな悩み、周囲の人に指摘されてからでは余計に嫌な思いをします。特に年齢を重ねるとともになりやすいので、加齢臭と共に気を付けたいですね。

 

【1】充分な睡眠をとる

 

疲労臭は結局「疲れ」が原因ですから、まず何よりたっぷりと良質の睡眠をとるように心がけましょう。
少なくとも11時前には就寝し、6時前後に起床という「7時間程度」の睡眠は取りたいところです。

 

なるべくリラックスして布団に入るようにしましょう。あまり考え事をしながら眠りにつくと、深く眠れずに脳に酸素が十分行きません。

 

酸素不足解消~酸素を運ぶ体内成分

 

【2】暴飲暴食を避ける

 

肝機能の低下は要するに「肝臓に負担をかけない」ことがポイントになります。お酒の飲み過ぎ、ジャンクフードばかり食べる、野菜を食べない、1日1食しか取らない、こうした極端な食生活をしないようにしたいですね。毎日完全に栄養バランスを考えて食事をするのは難しいでしょうが、「昨日は飲みすぎたから今日は胃に優しい食事にしよう」とか「焼肉屋さんでたらふく食べたから、今日は野菜中心の和食にするか」と2〜3日単位でいいので栄養バランスをとるように心がけましょう。

 

【3】デトックス効果を利用して肝臓の負担を減らしてあげる

 

体内の酵素をアップさせて代謝を促したり、デトックス効果のあるサプリメントなどで体内をサポートしてあげましょう。肝臓というのは「毒素を排出」させるための大切な働きをします。その毒素をためこまないように、なるべく毒素を肝臓に届く以前に分解できるように他の内蔵の力をアップさせておきましょう。